>

信頼づくりで魅力的なお店へ

コンセプトを作るためには

「自分のお店を作る」という決心をしたのであれば、今度は繁盛させるため、お店を作ってよかったと思えるようにしたいですよね。
そこで大事なのが「コンセプト作り」です。
まず、開業したいという思いや理念はしっかり持っていますか?
理念を明確にすると、おのずと明確なターゲットが絞られてくるかと思います。

「どのような人たちにリピートになってほしいのか」考えてみましょう。
どのような人たちに感謝されたいのか、開業するために描いた理念にも通じてくるものです。

何をメインにするのかについては、最初からイメージしている人も多いと思います。
大事なのは、細かなメニューについても決めておくこと。
仕入先などについても計画を立てやすいでしょう。
定休日は月曜日が定番ですが、祝日と重なることから、最初から火曜日のところもあります。
また、平日のビジネスパーソンがターゲットのお店であれば、日曜日を定休日にしてもよいでしょう。

信頼を失うのは簡単!

飲食業で最も大切なのは「お客様の信頼」ではないでしょうか?
自分の口に入れるものを、信頼できないようなお店では食べたくないですよね。
安全で、安心できるものを、皆さんは求めています。
そこで、最も危険なのが「食中毒を出さないこと!」
たった一度の食中毒が、閉店まで追い込まれることも少なくないのです。

食中毒を起こさないためには、まず「清潔」を心掛けましょう。
まな板と包丁は使いまわしていませんか?
タオルなども含め、菌が繁殖して食材に影響を及ぼしそうなものには、徹底的にアルコールなどで除菌しましょう。

また、素手で食材を触らないことも重要です。
加熱しても死滅しない、「黄色ブドウ球菌」が付着する恐れがあるからです。
必ず手袋やトングを使用しましょう。

具合の悪い従業員から、菌が感染することもあり得ます。
従業員の健康管理についても、注意しましょう。


この記事をシェアする